Service List

×

免疫組織化学染色の受託会社。バイオマーカーをターゲットとした免疫染色を実施。株式会社モルフォテクノロジー

ご相談、お問い合わせは、お気軽に
お電話、又はメールフォームをどうぞ

受託サービス

バーチャルスライド作製受託サービス

弊社ではバーチャルスライド作製の受託を行っております。
ご依頼をいただき作製致しました病理組織標本をスキャンしバーチャルスライドデータを作製致します。
お手持ちの標本のバーチャルスライド作製も可能でございます。
画像データをDVD・USB・HDDなどのメディア媒体へ保存しご提供させていただきます。
またNDP.serve3 画像配信ソフトウエアの導入により弊社サーバーにアクセスしていただくことでご依頼の標本がお手元に届く前にバーチャルスライドデータを約2週間無料で閲覧いただけます。

バーチャルスライドとは

病理組織標本(スライド)を高解像度でスキャンしデジタル画像に変換するシステムです。
データはパソコンを利用して容易に拡大縮小ができ任意の倍率で病理組織像を見ることができます。

バーチャルスライドの利点
  • 複製・共有

    サンプルをデジタルデータ化することにより、複写や共有が可能になります。
    同一のサンプルを複数の人や場所で観察でき、ディスカッション等に応用が期待されます。
    画像はJPEGとして任意の場所を任意の倍率で保存することが可能です。

  • データベース化

    大量のガラス標本をバーチャルスライドで保存しデータベース化することで、いつでも必要なスライドを閲覧することができ、ガラス標本の出し入れや整理の手間が省けます。

  • 標本の保存

    サンプルの破損、紛失や劣化・退色の心配がなく、いつでも同じデジタルデータとして観察することが可能です。

  • ネットワーク対応

    画像配信ソフトウエアの導入により標本作製後より約2週間、無料で閲覧サービスを行っております。
    弊社のサーバーにアクセスしていただくことでお手元に標本がなくても遠方やご自宅から画像を確認することが可能です。
    (閲覧のみのサービスとなっております。メディアへの保存をご希望の場合は有償にてご提供させていただきますのでお申し付け下さい。)

バーチャルスライドデータの閲覧

バーチャルスライドは画像閲覧ソフトウエアをダウンロードすることで観察が可能になります。
浜松ホトニクス社のバーチャルスライド観察に特化した画像閲覧ソフトウエアNDP.view2をWebサイトより無償でダウンロードすることができます。

画像閲覧ソフトNDP.view2

画像閲覧ソフトNDP.view2 では次のような様々な機能を用いて画像を操作し、描画・加工して保存することが可能です。
作成した画像を検討会、学会、論文などにお役立ていただけます。

マウスによる基本操作

  • 1. 拡大・縮小

    見たいところをクリック。
    マウスホイールで自由に倍率を拡大・縮小することができます。

  • 2. 視野移動
    マウス左ボタンで任意の場所にドラッグさせることにより倍率・範囲を維持したままその場所に移動します。
    マウス右ボタンでドラッグしてエリアを指定すると指定されたエリアが画面全体に表示されます。
    ビューア内右下のMap画面でもドラッグ操作が可能です。
  • 3. 画像回転

    キーボードの『R』キーを押すごとに90度回転します。
    また『Ctrl』キーを押しながら矢印の操作により任意の角度に回転することが可能です。

  • 4. 画像データのエクスポート

    必要なエリアを範囲指定してExportコマンドで簡単に画像を抽出できます。
    また、画像形式・解像度を指定して抽出も可能です。
    従来、顕微鏡に設置したカメラで行っていた画像撮影作業がコマンドを選択するだけで可能になりました。

その他の多彩な機能

  • 5. 色調補正

    γ値、明るさ、コントラストなどの色調補正を行うことが可能です。
    識別しにくい部位も色調補正を行うことで画像強調が可能です。

  • 6. アノテーション

    矢印、図形、コメント挿入だけでなく、指定箇所の長さ・面積の計測も可能です。

  • 7. サムネイル

    ファイルを選択する際に、バーチャルスライドの全体像が表示されるため、ファイルの切り替えが簡単に行えます。

  • 8. 無段階ズーム

    マウスホイールの操作により、対物レンズごとの倍率だけでなく、無段階に倍率を変更できます。